インテリアコーディネーター 試験に合格する勉強法・秘訣になる合格体験談 掲載中!

九州建設専門学院

インテリアコーディネーター 試験合格講座

0120-09-7611
閉じる

合格者の声(合格体験談)

九州建設専門学院で学ばれ見事に「インテリアコーディネーター」を取得された皆様から「お喜びの、感謝の、そして成功の軌跡」が毎日のように事務局に寄せられています。これらの合格体験談は、これから国家資格取得を目指される皆様の励みとなることでしょう。合格者の皆様、誠におめでとうございました。また、ご協力ありがとうございます。

41~50件表示(全50件掲載中)
一度は受験をあきらめたが
中川好香さん
インテ(インテリアコーディネーター・一次二次) 女 (31) 福岡県福岡市早良区
中川好香さん

 仕事をしていて、メーカーさんの勧めもあって資格を取ろうと思いました。テキスト以外に専門誌や雑誌などを読み、興味をそちらへ向けるようにしました。仕事上、インテリアに関する商品に触れることが多く、直接現場の人にも話を聞いたりしました。図面も、仕事上描くことが多かったので、我流ですが勉強をしました。
 直前に問題集を3回くらいやりました。試験前に中川先生に受験をやめようと思うと相談したら「あなたなら大丈夫!」と言われ、本当に勇気づけられました。感謝しています。

中川好香さん(ナカガワヨシカ)〔九州建設専門学院No.2062820〕
ライセンスメイト 平成2年6月号・・・No.149 
令和2年度(2020年度)資料請求令和2年度(2020年度)講座申込
毎日2~3時間は必ず勉強
門倉稱子さん
インテ(インテリアコーディネーター・一次二次) 女 (35) 福岡県福岡市早良区
門倉稱子さん

 この資格を取ろうと思ったのは、転職を考えていたからです。
 学院に通っていた頃は、仕事をしながらだったので、時間はありませんでしたが、1日2~3時間は必ず勉強するようにしました。少し前に、2級建築士の勉強をしていたのが、かなり役立ったようです。
 今はプレゼンテーションの仕事をしていますが、これからは直接お客様の声を聞いて、それを生かした家を作れるようになりたいと思っています。

門倉稱子さん(カドクラショウコ)〔九州建設専門学院No.2056010〕
ライセンスメイト 平成2年6月号・・・No.148 
令和2年度(2020年度)資料請求令和2年度(2020年度)講座申込
夢に向かってまず第一ステップ!
西窪美智代さん
インテ(インテリアコーディネーター・一次二次) 女 (32) 鹿児島県鹿児島市
西窪美智代さん

 私は“人と話す”仕事をしていて、コーディネーターも、やはり人と接し、話すものだと思い、この資格を取ることにしました。
 九州建設専門学院を選んだのは、テキストの内容も場所もいいし、何といっても、ビデオを使わない講義をされていることが気に入ったのでした。
 今私は、転職して建築事務所に勤めていますが、インテリアコーディネーターの資格を持っていることで出来る仕事にはやはり限度があります。それで、更に一歩進むために、いずれは建築士の資格を取りたいと考えています。
 現実は厳しいものです。資格を持っているというだけではなく、本当にその資格を生かすために、他のどんなことでも勉強し、吸収すべきです。この姿勢でこれからもやっていきたいと思います。

西窪美智代さん(ニシクボミチヨ)〔九州建設専門学院No.2047490〕
ライセンスメイト 平成元年9月号・・・No.74 
令和2年度(2020年度)資料請求令和2年度(2020年度)講座申込
通信教育生でも通学が認められたので入学を決めました
室井美香さん
インテ(インテリアコーディネーター・一次二次) 女 (33) 福岡県遠賀郡岡垣町
室井美香さん

 この資格を知ったのは、以前勤務していた不動産会社の時です。結婚して子供を産んだ後もう一度建築関係の仕事につきたいと思って、資格取得を目指すことにしました。
 学院は通信教育でも通学できるのできめました。送られてくる講義のテープとテキスト中心の勉強をし、今回合格通知を手にすることが出来ました。お世話になりました。

室井美香さん(ムロイミカ)〔九州建設専門学院No.46603〕
VISION 平成8・9年度版(1996・1997)・・・No.162 
令和2年度(2020年度)資料請求令和2年度(2020年度)講座申込
良き先生や友人に恵まれ本当に良かったと思います
国松記美江さん
インテ(インテリアコーディネーター・一次二次) 女 (39) 福岡県福岡市南区
国松記美江さん

 以前から絵画や「生活の中の美」ということに興味があり、少しでも活かせるのではないかと思い、インテリアコーディネーターの資格取得を目指しました。
 勉強は、学院でのプリント・教科書・問題集が中心で、何度も繰り返して勉強しました。コーディネーターの試験では、問題自体に解答がかくされているケースが多く、ねぼり強く読解することが大切なように思いました。
 二次試験の直前は、全く図面が描けずに悩み落ち込んでいましたが、中川先生の懇切丁寧な指導と,「あんなに勉強したのだから絶対大丈夫」というあたたかい励ましのお言葉で、何とか気持ちを立て直すことができ、合格までたどりつくことができました。インテリアコーディネーターとしての本当の勉強は、これからですが、良き先生や友人にめぐまれ、本当によかったと思います。

国松記美江さん(クニマツキミエ)〔九州建設専門学院No.2065040〕
VISION 平成4・5年度版(1992・1993)・・・No.132 
令和2年度(2020年度)資料請求令和2年度(2020年度)講座申込
専門知識を深めるために受講を決意
笠 邦彦さん
インテ(インテリアコーディネーター・一次二次) 男 (47) 福岡県福岡市城南区
笠 邦彦さん

 私の知人で同年齢くらいの人がこの資格を取得して頑張っていることに刺激を受けたことと、仕事上、専門知識を深めて施工部門にもっと積極的に関わっていきたいと考えたからです。
 講義は土曜日の午前・午後と1日5時間受けましたが、ほとんど欠席はしませんでした。会社の皆には迷惑をかけたと思いますが、やるからにはしっかりしないと申し訳ないですからね。ですから、家では勉強はしませんでした。とにかく授業をしっかり聴いて、学院にいる間に勉強しました。問題集より教科書を中心に2~3回は読みました。今まで10年近くこの仕事についていたのもプラスになりました。
 今、卒業生でコーディネーターの会をつくろうという話が出ています。それぞれの得意分野を生かして知識を教え合い、よりよい仕事が出来るようになればと考えています。

笠 邦彦さん(リュウクニヒコ)〔九州建設専門学院No.4986〕
VISION 平成4・5年度版(1992・1993)・・・No.131 
令和2年度(2020年度)資料請求令和2年度(2020年度)講座申込
資格を取得して、大きな自信を得たような気がします
門倉稱子さん
インテ(インテリアコーディネーター・一次二次) 女 (35) 福岡県福岡市早良区
門倉稱子さん

 私がこの資格を取得しようとした動機は、転職を考えていたからです。いろいろ考えてみたところ、インテリアコーディネーターを取得しようと思いました。以前2級建築士を取ってから、そちらの分野に関心を持ちインテリアについてもっと深く勉強したいとも思っていました。資格取得となると建築士との関連が強く、勉強がやりやすい部分もありましたが、毎日2、3時間程机に向かいました。やはり資格取得にあたって、これからの社会の中で、資格の必要性を感じ、また2級建築士とインテリアコーディネーターのふたつの資格を充分に生かせるよう頑張りたいと思います。
 資格を取得して、毎日が充実しており、本当にこの資格を取ってよかったと実感しております。資格取得で大きな自信にもなり、これからまたいろんなことに挑戦したいと思っております

門倉稱子さん(カドクラショウコ)〔九州建設専門学院No.2056010〕
VISION 平成3年度版(1991)・・・No.97 
令和2年度(2020年度)資料請求令和2年度(2020年度)講座申込
見る物聞く物がみな勉強
石橋美恵子さん
インテ(インテリアコーディネーター・一次二次) 女 (48) 福岡県福岡市早良区
石橋美恵子さん

 インテリアコーディネーターを取得した動機は、貴学院で宅建の勉強をしていた時、インテリアコーディネーターのパンフレットが目にとまり独身時代からやりたかった勉強でしたので次はこれを勉強してみようかと単純な気持ちからでした。
 実際に宅建の資格を取り実務に入るとインテリアコーディネーターとの関連が結構あり本格的に勉強し双方の資格を生かした仕事が出来ればもっと視野が広がり良い仕事が出来るのではないかと真剣に考えました。
 学習のポイントは巾の広い勉強ですので見る物聞く物がみな勉強でした。又色々な分野の本に目を通し色々な展示会等に行き直接物にふれ、自分の目で確かめて行くことにしました。その際、パンフレット等も頂ける範囲でもらってきて教材にしました。めまぐるしい産業界の変化の中でなんとかふたつの資格をうまく生かしながら仕事が出来て行ければ最高だと思っています。

石橋美恵子さん(イシバシミエコ)〔九州建設専門学院No.2042660〕
VISION 平成3年度版(1991)・・・No.96 
令和2年度(2020年度)資料請求令和2年度(2020年度)講座申込
夢に向かってまず第一ステップ
西窪美智代さん
インテ(インテリアコーディネーター・一次二次) 女 (32) 鹿児島県鹿児島市
西窪美智代さん

 私は、“人と話す”仕事をしていて、コーディネーターというのは、やはり人と接し、話すものだと思い、この資格を取ることにしました。この学院を選んだのは、金額的に見ててごろだったし、またテキストの内容もよく場所的にも無理なく通えるところで、なんといってもビデオを使わない講義をしていることが気に入りました。
 今私は、転職して建築事務所に勤めていますが、インテリアコーディネーターの資格をもっていることでできる仕事には、いろんな面から見て限度があります。それで、さらに一歩進むために、いずれは、建築士の資格を取りたい、と考えています。現実は厳しいものです。資格をもっているだけ、というのではなく、本当にその資格を活かすには、他のどんなことでも勉強し、吸収すべきです。この姿勢で、これからもやっていきたいと思います。
 最後になりましたが、先生には、いろいろと相談にのってもらい、感謝しています。そのうちまた遊びに行きます。

西窪美智代さん(ニシクボミチヨ)〔九州建設専門学院No.2047490〕
VISION 平成2年度版(1990)・・・No.74 
令和2年度(2020年度)資料請求令和2年度(2020年度)講座申込
グランプリ入賞が大きな自信になりました
忍田妃絽子さん
インテ(インテリアコーディネーター・一次二次) 女 (38) 福岡県福岡市南区
忍田妃絽子さん

 インテリアコーディネーター資格を取得しようと思ったのは、5年前に家を建てたときに家づくりというものにたいへん興味を持ち、特にインテリアに関心を持つようになったからです。
 そして、その専門職であるインテリアコーディネーターという資格がある事を知り、独学ではまず無理と思って九州建設専門学院のインテリアコーディネーターコースに入学しました。
 授業は楽しく受けさせていただき講義の日は、今日はどんな事を学習するかその1回1回がスリリングでした。授業で、建築の基礎から、あらゆるインテリアの応用知識を学習して私自身、とても良い勉強になりました。家庭の主婦というのは、ついつい毎日毎日に流されてしまいがちですが、そういう意味でも一つの目的を持つ事によって、1年の成長を感じ有意義な毎日でした。
 又、63年の8月に、あるインテリアの住まいコンテストに何気なく応募しましたところ、私の作品がグランプリに入選して、ソウルオリンピックに家族で招待され、子供達に聖火を目の前に見せてあげれた事は、子供達にとってとても良い思い出になったと思います。このグランプリ入選は、私の自信となり、今後は、より良いインテリアライフに貢献したいと思っています。

忍田妃絽子さん(オシダヒロコ)〔九州建設専門学院No.2045350〕
VISION 平成元年度版(1989)・・・No.54 
令和2年度(2020年度)資料請求令和2年度(2020年度)講座申込